kobetsu_top

個別指導学院|合格体験記

下館川島校 北條 海くん
▶下館第一高校 合格

私は、第一志望校合格を目指して勉強をしてきましたが、本当に合格できるとは夢のようです。中学1年生の時、競争心がなくテスト前でも勉強をしていませんでした。でも、このままではいけないという思いが自分の中に出てきて、個別指導学院に入塾しました。入塾説明会では、定期テストの勉強についてのアドバイスを受け、何回も学校ワークを解くということを実践して点数を伸ばすことができ、自信が付いてきました。また、夏期合宿では、通常では考えられない勉強時間をしたことにより、あきらめないことを学びました。それらの経験が受験勉強での自信となり、受験当日まで持って行くことができ、最後まであきらめずにがんばれたのだと思います。

 

ここまでがんばれたのも、両親や塾の先生の支えがあったからだと思います。本当にありがとうございました。

 

杉戸校 奥山 藍さん
▶不動岡高校 合格

私が本格的に受験勉強を始めようと思ったのは、中学三年の春からでした。兄も通っていた個別指導学院杉戸校に入塾し、いざ勉強を始めてみると、難しいことばかりで、しばらくは授業についていくのさえ大変でした。

 

私にとって一番苦手な科目は英語で、授業でわからないことが出てくるたびに、どうしてもっと早くから勉強しなかったんだろうと後悔しました。それでも、何とか第一志望の高校に合格したいと思い、特に夏休みは集中して英語に取り組みました。夏休みの後半には合宿に参加し、他の教室の人たちががんばっているのを見て、「負けてたまるか。」と思いながら、がんばりました。そのおかげで、私は何とか第一志望の不動岡高校に合格できました。後輩の皆さん、少しわからないことがあったら、その時が努力すべき時です。私に訪れた合格が皆さんにも訪れますように。

 

杉戸校 黒澤 奈音さん
▶越谷北高校 合格

私が越谷北高校に合格することができたのは、周りに背中を押してくれる人がたくさんいたからです。中学二年の終わりに個別指導学院に入った頃は、越谷北高校のレベルには全く届いていなくて、志望校として言うこともできませんでした。けれど、教室長の先生に「志望校は高い方がいい。」と言われ、何とか合格圏に入るように必死で努力しました。今考えると、諦めずに努力し続けたことが良かったんだと思います。いろいろと相談にのってくれて励ましてくれた両親、学習面だけでなく、精神的にも支えてくれた先生たち、応援してくれた友達、全ての人に感謝しています。

 

後輩の皆さん、諦めずに志望校に近づく努力をすることがもっとも大切だと私は思います。そうすれば、皆さんの努力も私のように報われると思います。先生たちと自分を信じて、がんばってください。

 

高野台校 小林 真維さん(春日部女子高校出身)
▶東洋大学 ライフデザイン学部合格

 私は中学校の頃からこの塾にお世話になっていました。
 塾の授業は、楽しく、少人数制ということもあり、わからないところは自分が納得できるまで分かりやすく教えて頂きました。定期考査の勉強をしているときでも、わからないところがあればすぐに質問に行くことができました。
 私は、自己推薦という入試方法で東洋大学に合格することができました。合格できたのも、自己推薦文の添削や面接の練習、私の受けた学科には実技試験があったので、そのアドバイスなどを先生方にしていただいたおかげだと思っています。
 また、進路を決める際には、たくさん相談に乗っていただいたので、安心して受験に臨むことができました。
 勉強は、やらずに後悔してからでは遅いので、日々の努力を怠らず、後悔のないように頑張ってください。
 本当にありがとうございました。